FC2ブログ

記事一覧

ソロモンの偽証 前編・事件

『ソロモンの偽証 前編・事件』
成島出
☆4.0

後編はまだ観ていない段階で書いている。
一応、前編・後編に分かれているから感想も分けて書くこととする。

起承転結がハッキリしている作品。
非常に観やすい。疲れない。
序中盤までは謎解きテイストで進むのかと思いきや、終盤で割りと強めなメッセージも入ってくる。
驚きの4というよりは、安定の4といった感じ。

こういう安定性は、世界観に対しての描き方のバランスが良いから生まれると思っている。
感情に訴えかける世界観なのか、ミステリーを描く世界観なのか、(この作品の場合)そういった世界観構築の中での「画角選択と画角の動き」のバランスが優れているのだ。

本作は世界観に強い偏りが無い。
序中盤は(ロジックをそう呼ぶなら)エンターテインメント風に進んでいくのだろう、と思ったが終盤にかけて「感情の揺れ動き」や「本当のことを教えてくれない大人達」にもフォーカスを当てるが、ある種コンセプトとしての「転」というその要素に違和感を抱かない。

それはそういう要素を組み込んだとしても全く崩れない世界観の中で序中盤の画角とプロットが進んでいたからに他ならない。
目立ちはしないが、そういった部分は評価すべきである。

一言で言うと、この映画は誰しもがそれなりに楽しめる映画、ということである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント