FC2ブログ

記事一覧

2018年ボカロランキング

みなさんごきげんよう。

さて始まりました。反響がいくら少なくても続ける。
この作業をしている時が一番楽しいからである。
何故なら私は人より音楽が好きだからである。
唯一の私の長所かもしれない。

前回2020年のランキングを掲載したのだが、2019年は不作の年(全部聴いたけど全てピンと来なかった)だったようなので2018年に飛ぶことになった。

独断と偏見、と保険をかける人間が多いが私は音楽のセンスには人一倍自信があるので、私のランキングが真のその年のランキングだと思ってくれて良いだろう。

候補曲は以下の動画に収録されている147曲である。

2018年ボカロメドレー


では行こう。
今回入賞したのは七曲だ。


7位 氷晶
間違いなく作曲センスは抜群で、初感は1位だったのだが、今ブログを書いている時の気分とは少し違うみたいなので7位になってしまった。
少しかわいそうである。

立体音響感とでも言おうか、透明感とでも言おうか、鑑賞感はトランスミュージックのそれに近く非常に丁寧な音の作りである。完璧と言って良い。

PURU(snow white)という作曲家の音場に似ている。

6位 アカリがやってきたぞっ
to◯ro氏が配信でよく流していた曲。
とりあえずかわいい。
仔猫を無感情で蹴飛ばすくらいの凶悪性がない限り誰でも好きになってしまう。

映像のアカリ(と思われるキャラクター)の動きの一つ一つが全てかわいい。
私はこういうのには滅法弱い。卑怯である。
あと、普通に音の作りがバカ秀逸。

5位 各駅停車
サビが良い。
実はこういう無難なAメロからの流れで、無理せずオリジナリティーのあるサビを持ってくるのは貴重だったりする。このサビは綺麗。

歌詞も好き。
なんかきっと、そんなに言葉が達者じゃない人ががんばって書いたんじゃないかな。そんな感じがする。

4位 変身
これは天才に近い変態。
サビ後の、映画を一本見終わったかのような爽快感は中々他では味わえない。
この曲もサビが完全に変態的で、何故か聴いているだけでやってやった感がある。
たまらない。

ここから少し差が開く。

3位 flos
前奏だけなら問答無用の1位。
めちゃくちゃ好きだし、めちゃくちゃ良いのは間違いないんだけど、どうしても減点要素が多い。
申し訳ないけどこの曲はピアノが要らない。
マジで要らない。

前奏の楽器だけで完成されてる。それ以外は蛇足。
色合いが狂う。合わないんだよね。
世界観の重みが違うというか。
初音の重厚感のある澱んだ世界観から、軽やかすぎる存在し得ないピアノの世界観が飛び込んでくる。交わることのない音がただ同居してる感じ。
調和していない。
それが無ければ1位だった可能性は十二分にある。

サビ前の音抜けからサビが終わるまでは軽やかな世界観に移行するが、もうこの辺からはあまり好きじゃなくなる。

実はこの曲は世界観の出入りが激しくてまとまりがない。


2位 モンスターパーティ・エイジア
はい完璧。完全にラテン系です。素晴らしい。
これが音楽。一貫して赤い。裏切らない。
1音目から正解でした。

1位 ハッピーホロウと神様倶楽部
2位と1位を20分くらいガチで悩んだ。
この曲の最も素晴らしいところは、紫でありながら楽しいことだ。つまり楽しい紫であるということ。これは難しい。
同じくハロウィンコンセプトとして出された
Tommy Heavenly6のLolipop Candy Bad Girl(←はスペイン人?のカバー)に少し似ているのだが、こちらはおどろおどろしい雰囲気が強い。

対してこちらはやはり楽しい。音もテンションも語感も全部楽しい。
不思議なのは、どちらもハロウィンを想起させることだ。
ハロウィンが先立っているというよりは、やっぱり音がハロウィンをイメージさせるような感覚がある。

たとえばイメージで言えば
9mm Parabellum Bulletの命のゼンマイ(20秒あたりから)は洋館を彷彿とさせる。
viviの前奏も洋館だ。
だからこの二つの曲のイメージは似ている。

話が逸れたが、1位もちゃっかりラテンっぽいものとなった。ただ1位は結構色んな音楽が合わさっている感じがある。

とにかく1位は何回でも聴けるんだよね。ヘビロテ出来る曲はなんだかんだで強い。
最近、春よ、来いの旋律が美しすぎるなぁと一人でしみじみ思っているんだけどヘビロテするかと言ったらしないもんね。

Bad Appleとか超好みだけど、春よ、来いより美しいかと言ったらそれは無いわけだし。
これらを混ぜこぜにしてランキングを作るわけだから後は自分の直感に任せるしかないのだ。

次回のボカロランキングは2017年(になると思われる)だ!
See you next time!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント